初心者でも分かる「シュフティ」のおすすめポイントと注意点【迷惑メールは来る? など疑問解決】

『クラウドソーシング』というワードを耳にしたことはありますか。
「クラウド?」
「ソーシング?」
なんとなく聞いたことはあるけど、詳しく知らない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
『クラウドソーシング』とは、働く時間や場所にとらわれないワークスタイルを希望する『個人』と『仕事を依頼したい企業』をマッチングするサービスです。
近年、通信環境の発達と普及によりスマホユーザーも増え、インターネットがより身近なものとなりました。
そこで登場したインターネットを利用した新しいサービス形態が、クラウドソーシングです。
現在、いくつもの企業の、それぞれの特長を持ったクラウドソーシングが存在しています。そのクラウドソーシングサービスのひとつ『シュフティ』について、今回詳しくご紹介します。

シュフティとはどんな特長をもったクラウドソーシングなのか

『シュフティ』は、株式会社うるるが2007年より運営しているお仕事マッチングサービスです。
「シュフ?主婦?」と、ふと思われた方いらっしゃるでしょうか。
まさに、シュフティは専業主婦をメインターゲットとしたサービスを展開しています。
もし「働きたい」意欲があっても、子供の年齢がまだ小さい場合などは、外で働くことに関してどうしても多くの課題が出てきます。
そのため、子供の預け先など条件が揃わなければ『働くのは難しい』と思われがちです。
そんな主婦の方の背中をひと押しするサービスが『シュフティ』です。
ではシュフティにはどのような特長があるのか、より詳しく見ていきましょう。

  • すきま時間にこなせる仕事
    主にシュフティは、先に挙げたような在宅勤務を希望する主婦に向けた仕事を数多く提供しています。
    子どもが幼稚園や学校に行っている時間をお仕事時間に充てたり、子どもが寝静まった夜に業務をこなしたり、ちょっとした待ち時間の有効活用など、比較的短時間でできる仕事があります。
    10分程度で作業を終えられる簡単な記事作成やアンケートがあり、手軽で人気があるお仕事です。
  • 常に1000件以上の案件提供
    シュフティは、常に1000件以上の求人を提供しており、幅広い種類の仕事を用意しています。
    事務作業をはじめ、ライティング、翻訳、さらにDTP、webデザインやシステム開発などのクリエイティブ系、調査分析、資料作成などのビジネスサポートなどがあります。
  • 2つの依頼形式
    シュフティのお仕事の依頼形式として、プロジェクト形式とタスク形式があります。
    プロジェクト形式は、まずワーカーが応募し、報酬額・作業内容・納期などを話し合いの上業務を進めていく形式です。
    一方で、応募不要ですぐに業務に取りかかることができ、すきま時間で可能な業務が多いタスク形式があります。
  • 未経験者も経験者にも対応
    シュフティは、未経験のお仕事も豊富に流通しています。
    そのため、これまで経験したことのない仕事をチョイスし、応募することも可能です。
    また、優れたスキルを持っている専業主婦も多くいます。
    これまでのスキルを活かした専門的な業務を中心に探すことも可能で、業務経験や専門知識があれば選択の幅が広がると同時に、比較的報酬も高い傾向にあります。
  • 安心・安全を配慮した充実のサポート
    在宅での業務は一人で行うことが多いため、わからない時、困った時、どうすればいいか不安になるケースもあるでしょう。
    シュフティのwebサイトに掲載されている案件は、事前に事務局で確認・承認されており、安全な案件と言えます。
    また報酬に関しても、シュフティが代行することにより報酬の未払いを防ぐ仕組みになっています。
    さらにシュフティ事務局とチャット・メールでの質問連絡、事務局専任の担当者による電話連絡が可能です。
    これらは、在宅ワークビギナーにとって心強いサポートです。

シュフティを使った人の口コミ

「シュフティを活用してお仕事をしたらどんな感じなんだろう。」そんな疑問も湧いてきたのではないでしょうか。
そこで、シュフティを活用してお仕事をしている方々にお話を伺いました。

「在宅ワークの経験がなかったので、最初はとても不安がありました。でも、シュフティには、困った時には電話で聞けたり、チャットもあるので踏み出せました。見ず知らずの企業や担当者さんとお仕事をするのも心配でしたが、一つひとつ仕事をこなしていくうちに会社員時代の仕事マナーも取り戻せて自信に繋がっています。社会と繋がっている感じがまた嬉しいですね。」(34歳主婦・子供1人・シュフティ歴10ヶ月)

「私には、これといってスキルと言えるものはありません。だからこれまで働くことにどうも消極的でした。でもシュフティには、数問答えるだけのアンケートだったり、いつも見ているドラマの感想だったり、主婦にも結構身近なお仕事があるんですよ。楽しんでお仕事ができる上にコツコツお小遣い稼ぎもできます。そこが魅力ですね。」(32歳主婦・子供3人・シュフティ歴 1年)

「大学を卒業してから出産するまで、翻訳の仕事をしていました。数年前に主人の仕事の都合で転勤になり、地元から離れ身近に頼れる人のいない子育てがスタートしました。いざという時に子どもを預けたかった両親とも離れてしまったので、翻訳の仕事への復帰を諦めつつも、歯がゆい気持ちがありました。でもお友達からシュフティのことを聞いて、家で子育てをしながら翻訳の仕事ができると知りました。シュフティで在宅のお仕事をして経験を積んで、またいつか復帰したいと思っています。」(40歳主婦・子供1人・シュフティ歴 3年)

シュフティの連絡は迷惑と感じるほど来る?

シュフティでは、会員登録をすると個人設定ができるようになっており、ユーザー設定において『通知』の細かい設定が可能です。
例えば『新着お仕事通知』、『メールマガジンの配信』など7種類の通知の有無をカスタマイズできます。
つまり、連絡に関する設定は自分で調整できるため、負担になるほどの情報を受信するケースは少ないでしょう。
しかしながら、「個別に、シュフティ外での報酬支払の相談があった」、「ねずみ講などの違法行為への勧誘連絡があった」など規約違反に関するトラブルが発生した事例もあるようです。
シュフティでは、個人情報の開示や提供について原則ワーカー自身の判断と定めていますが、仕事を受ける側としては『必要性があるか』を判断基準とし、必要最低限の提供を心がける必要があります。
シュフティ事務局としても、心配事がある場合は「すぐにシュフティに通報・相談すること」を呼びかけています。

シュフティをおすすめできるのはこんな人!

シュフティは、これまでに紹介してきたように、自由度の高い働き方を実現できるサービスです。
どんな方にマッチしているのでしょうか。

  • 主婦
  • 子どもが学校にいっている間などの時間を有効活用したい方
  • 子どもがまだ小さい子育て中の方(乳幼児〜小学生など)
  • すきま時間でコツコツ稼ぎたい方
  • 子育てにおいて緊急時など頼れる家族や親戚が近くにおらず、外に出て働くことが物理的に難しい方
  • 会社や店舗勤務など人間関係が負担に感じる方
  • これまでの経験を活かして在宅で働きたい方
  • 未経験でも新しいお仕事にチャレンジしたい方

他、幅広いの主婦の方にマッチするクラウドソーシングと言えるでしょう。

まとめ

今回は、『シュフティ』のおすすめポイントや注意点ついて紹介してきました。

  • 主に主婦向けで、働く時間や場所にとらわれないワークスタイルが実現するクラウドソーシング。
  • すきま時間にできる、様々な職種の求人、安心・安全を配慮したサポートなど在宅ワーク初心者でも安心してお仕事できる仕組みがあること。
  • シュフティからの連絡は、自分で必要なものを選択することができる。
  • クライアント企業への個人情報の提供については、必要性があるかを基準とし必要最低限を心がける。

シュフティは、今の時代に合った、主婦の新しい働き方を提供するサービスです。
チェックしてみてはいかがでしょうか。