初心者でも分かる「ジョブハブ」のおすすめポイントと注意点【迷惑メールは来る? など疑問解決】

クラウドソーシングという言葉を聞いたことがありますか?
クラウドソーシングとは、「群衆」を意味するクラウドと、「発注」を意味するソーシングを組み合わせた造語で、依頼主と受注者がオンラインでつながって、仕事の受発注ができる仕組みを指しています。
依頼主はコンペ・タスク・プロジェクトなど必要に応じた形式で仕事の発注が可能であり、受注者は好きなタイミング・好きな場所で仕事ができます。
依頼者と受注者のマッチングを行うクラウドソーシングサービスには様々なものがありますが、今回はその中でも幅広い仕事を扱う総合型クラウドソーシングサービスの「ジョブハブ(JOBHUB)」について、詳しく調べてみました。

ジョブハブとはどんな特長をもったクラウドソーシングなのか

ジョブハブは転職支援や人材派遣事業を行なうパソナグループの株式会社パソナJOB HUBが運営するクラウドソーシングサービスです。
従来型のクラウドソーシングだけでなく、ジョブハブが受けた委託案件を登録したクラウドワーカーに紹介する「JOB HUBアウトソーシング」というサービスも手掛けています。
受注者側のシステム利用手数料が無料なため、効率よく稼げるクラウドソーシングサービスと言えるでしょう。
主なJobカテゴリは「開発・プログラミング」「デザイン・DTP」「ライティング&翻訳」「データ入力・加工」の4つです。
また、Jobタイプは専門ノウハウを必要とする「エキスパートタイプ」と、複数の受注者の成果物から採用するものが選ばれる「コンペタイプ」があります。未経験者歓迎の案件もエキスパートタイプに含まれてしまうため、絞り込みたい場合はキーワード検索を活用しましょう。

ジョブハブを使った人の口コミ

以前は接客業をしていたのですが、デスクワークの仕事に転職したいと思い、スクールでWebとDTP講座を受講しました。
地元ではWebやDTPの仕事がなかなかないこともあり、在宅勤務を希望していたのですが、在宅の仕事自体少なく、あっても経験者が優遇されるため、未経験者ではなかなか就職先が見つかりませんでした。
そこで、スクールの先生から聞いたジョブハブを実績作りのために活用しました。
WebコーディングやHTML、CSSなどの知識が使える仕事を中心に、できそうな仕事から提案していき、少しずつ実績を積みました。おかげで無事に就職先も決まりました。
実績が記録されるため、人に提示しやすかったのと、地元では募集がないような仕事にも応募できるのが良かったです。Webコーディング以外の仕事にもチャレンジしてみたいので、また空いた時間を活かしてスキルアップに利用したいと思っています。

ジョブハブの連絡は迷惑と感じるほど来る?

ジョブハブに登録すると、お仕事の紹介メール等複数のメールが送られてきます。
メールの種類別に配信の設定ができるため、不要なメールについてはワーカーHOMEの[個人設定]より個別に配信停止の設定をしてください。
仕事探しの状況によって、欲しいメールが変わったり、迷惑と感じる頻度が変わったりすると思いますが、その都度インターネット上で設定を変更することができます。

ジョブハブをおすすめできるのはこんな人!

ジョブハブはこれから在宅ワークを始める方に、特におすすめです。
大手企業であるパソナグループの会社が運営しているので、初めての方でも安心して登録できます。
クラウドソーシングサービスとしては後発のため、他のサービスに比べると仕事数は少ないようですが、その分サポートが充実しています。
中でもJOB HUBアウトソーシングでは、JOB HUBスタッフが間に入って進捗管理を行ってくれるので、クライアントの取引に不慣れな受注者も安心して仕事を始めることができます。
クラウドソーシングとアウトソーシングの仕事を同時進行で行うこともできますし、アウトソーシングでは非公開の案件も取り扱っているため、登録して損はないでしょう。
また、ジョブハブではライター養成講座を開催したり、情報提供の場としてWebマガジン「JOB HUB Magazine」の運営を行ったりしています。
仕事の幅を広げたい方、スキルアップをしたい方にも役に立つサービスといえます。
もちろん、システム利用料がかからない点は、どなたにとってもメリットがあります。まずジョブハブで仕事を探してみて、ちょうどいい案件がなければ他で探すという使い方をしてもいいのではないでしょうか。

まとめ

ジョブハブはクラウドソーシングと聞いて真っ先に名前が上がるほど有名なサービスではありませんが、パソナグループの信頼と実績で、大手企業や注目の成長企業など、600社以上の会社と取引があります。
もしもこれから在宅ワークを始めるのであれば、最初に登録したいサービスのひとつといえます。
また、他のサービスを利用していて、システム利用料が高いと感じている方も、とりあえず登録しておくことをおすすめします。もちろん、登録・見積もり・提案などは全て無料で行えます。