初心者でも分かる「クラウドワークス」のおすすめポイントと注意点【迷惑メールは来る? など疑問解決】

パソコンでできる在宅ワークを考えたときに、クラウドソーシングの存在は欠かせないでしょう。

特にクラウドソーシング大手である「クラウドワークス」で仕事をした(探した)ことがある人は多いのではないでしょうか?

これから「クラウドワークス」で仕事をしようと考えている方のために、どのようなシステムなのか解説します!

クラウドワークスとはどんな特長をもったクラウドソーシングなのか

クラウドワークスはお仕事を依頼したい人(企業)とお仕事したい人をマッチングさせる場を提供しています。

簡単にいうと、ハローワークのような役割ですね。

クラウドワークに登録すると、多種多用な仕事の募集案件が掲載されています。

大半は在宅でできる仕事ですが、ごくたまに出社が必要な案件も掲載されます。

クラウドワークスの仕事募集方法は「プロジェクト」「タスク」「コンペ」の3つにわけられます。

「プロジェクト」は「この案件を〇円で仕事してください」という募集です。

単価が100円のライティング5件、500円でやってもらえませんか?といった具合です。

1記事のライティングというものから、WEBサイトの構築を10万円で、といった金額が大きくなるような依頼もあります。

継続してお願いする前に、テストをしてみたい、ということで募集をしていることも多いので、継続したお仕事を得たいと思っている人は注目したい募集案件です。

「タスク」は1件ずつお支払いが確定する募集案件です。

よく募集されているのがアンケートになります。

アンケートに答えれば、〇円お支払いします、というものです。

ほかにも「〇〇のテーマについて記事を書いてください」という募集もあります。

開始して1時間以内に作業を終了しないと、無効となってしまうので、その点は注意が必要です。

作業内容が承認されると、支払いが確定します。

継続依頼ではなく、その作業1つに対しての支払いとなるので、継続的な時間がとれない、スキマ時間だけで仕事をしたい人にはおすすめです。

「コンペ」は多数の人から提案を募り、その中から依頼する人を決めるシステムです。

ロゴやデザインでの募集が多く、プレゼンをがんばっても必ず採用されるとは限りません。

誰にでもできる仕事はほとんどないため、イラストレーターやコピーライターなどの経験が必要になります。

報酬に結びつけるには実績が多いほど有利なため、初心者ではなかなか応募しにくい案件です。

クラウドワークスでは募集案件が多いため、自分に合った仕事を見つけやすいです。

「タスク」は初心者でも取り組みやすいですが、案件によっては実績がない人は作業ができない場合もあります。

プロフィールを元に、個人的にお仕事のスカウトメールが届くこともあります。

よってプロフィールを充実させたり、クラウドワークスでのお仕事で実績を積んだりすると、仕事に結びつきやすくなります。

クラウドワークスでの作業はシステム使用料がかかります。

10万円までの支払いであれば報酬の20%、10~20万円は10%、20万円以上は5%です。

これは報酬が10円だったとしても、2円ひかれるのでその点は理解しておきましょう。

システムを利用するメリットとしては、作業を始める前に報酬の仮払いがされます。

よって、作業をしたのに報酬が払われないというトラブルは回避することができるため、安心して作業をすることができます。

クラウドワークスを使った人の口コミ

クラウドワークスでお仕事を見つけることはできるのでしょうか?

実際利用している人の口コミを参考にしてみましょう。

30代・主婦

子供が幼稚園に行き始めたので、その間に在宅ワークができれば、と思い、クラウドワークスに登録しました。

毎朝「今日のおすすめ案件」というメールがくるのでびっくりしました。

最初は少しうっとおしく思ったのですが、メールを見てみると自分からは探そうとしなかったような案件も見ることができます。

募集案件に「気になる」マークをつけると、その募集が終了する間近になると、メールがきます。

今しているお仕事は「おすすめ案件」の中から応募して、採用されたものです。

あと時間があれば、タスクのお仕事もちょこちょこやっています。

タスクは単価が安いですが、何もしなければ0円、やれば〇円、と思いながらやっています。

私はパソコンのメールを登録しているので頻繁にくるメールも気にならないですが、携帯のメールアドレスを登録していたら、ちょっと迷惑だったかもしれませんね。

40代・会社員

副業としてできることはないかと思い、クラウドワークスに登録しています。

スマホでも案件が検索できるように、携帯のメールを登録したのですが、こんなにメールがくるのか、と思っています。

毎日案件の紹介メールがきますし、スカウトのメール、連休中にはお休み中でもできる仕事を紹介するメールなどきました。

どちらかというと、私はこれと決めた仕事だけをしているので、ほかの仕事を紹介されても・・・と思うところもあります。

ただ、クライアントさんからのメールを登録メールに転送してもらっているのは助かっています。

クラウドワークスのサービスは、お仕事を提供してくれるだけでなく、新着求人やワーカーに合った仕事の紹介もしてくれるようですね。

自分でお仕事を探すのを苦手、という人は、案内のメールが届くのはありがたいかもしれません。

クラウドワークスの連絡は迷惑と感じるほど来る?

クラウドワークスからメールはかなり頻繁にくるようですが、人によって「迷惑」と思う人と「知らせてもらって助かる」と思う人にわかれるようです。

初心者の人はどのような仕事が自分に向いているか、またどのタイミングで仕事の募集を見るべきか、わからないこともあるでしょう。

自分から募集を見にいかなくても済む、という点では、毎日メールがくるのはありがたいかもしれませんね。

迷惑と感じている人は、自分のやりたい仕事、できるスキルというものを、しっかり把握できている人と思われます。

クラウドワークスから自分に合った仕事を紹介したメールも届くのですが、それは過去に案件をクリックしたものを元に紹介されています。

「本当はこういう仕事がしたいのに」と思っている人からすると、見当違いな案件を紹介したメールは迷惑と感じてしまうのでしょう。

迷惑と思う人は、普段使わないメールアドレスで登録するといった対策をするのがいいかもしれません。

しかし、スカウトのメールなども見逃すことになるので、自分からクラウドワークス上のメールボックスを見に行くようにするほうがよいですね。

クラウドワークスをおすすめできるのはこんな人!

クラウドワークスは募集している案件がとても幅広いです。

初心者でもOKの案件が多いため、自分にこれといった特技や資格がない人でも、なにかできる仕事が見つかりやすいでしょう。

タスクの案件も多いため、空いた時間だけ仕事をしたい、という人にはおすすめです。

またクラウドワークスから、その人が過去に興味をもった案件を元にして、おすすめの案件をメールで紹介してくれます。

自分ではどのような案件を選べばいいかわからない、という人にとっては、ありがたいサポートですね。

がっつり在宅ワークで稼ぎたい、という人よりも、副業やスキマ時間での作業を考えている人には、クラウドワークスはおすすめです!

まとめ~クラウドワークスは初心者にはおすすめ~

クラウドワークスはたくさんの案件を扱っているため、自分に合った仕事を探しやすいでしょう。

しかし特別なスキルを持っているようであれば、その資格を活かした仕事をしたほうが単価が高いため、クラウドワークスの募集案件は物足りなく感じてしまうかもしれません。

報酬の5~20%をシステム手数料として引かれるのをデメリットと感じる人もいるようです。

しかし仮払いのシステムや、住所や名前を公開することなく仕事ができるのをメリットと感じる人も多いでしょう。

初めて在宅ワークをする人は、まずクラウドワークスに登録して、どのようなお仕事があるのか見てみるのもよいかもしれませんね。